北国での必須テクニック 冬道のドライビング

これからの季節、北海道や東北といった北国では、そろそろ夏タイヤからスタッドレスへと、タイヤ交換をしなければなりません。今年初めて北国で冬を過ごし、冬道での運転を経験する方もいらっしゃることと思います。それで、冬道でのドライビングのノウハウについて書いてみようと思います。一口に冬道といっても実に色々な道路コンディションがあります。例えば、雪が降って、行き交う車に踏みつけられた圧雪ではかなりの程度、夏タイヤでアスファルトを走るのと同じくらい、車はドライバーの意思通り曲がったり止まったりします。しかし、圧雪が時間の経過とともに、段々とアイスバーンになると話は違ってきます。スタッドレスタイヤを持ってしても、車はドライバーの意思通りに止まったり曲がったりしない事が多々あります。ですから、車間距離はとても重要です。万が一制動距離が思った以上に伸びても良いように、車間距離は十分に取っておきたいものです。また、アイスバーンで交差点を曲がる場合、スピードを落とす事はもちろん重要ですが、かといってアクセルから足を完全に離して惰性で曲がるのもお勧め出来ません。これはJAFの雑誌にも載せられていた内容ですが、アイスバーンで交差点を曲がる場合、スピードはしっかり落とした上で、きちんとアクセルを踏む方が良いそうです。そうすると、路面にトラクションが伝わり車はきちんと曲がるのです。さらに、教習所の教本にある「逆ハンドル」通称カウンターも冬道では欠かせないテクニックです。日頃から、安全が確保される広い駐車場などで練習しておくと良いと思います。冬道で大きな事故を経験するドライバーが少しでも減る事を願っています。